高速勝負ならSSDが利用可能なサーバーを。

レンタルサーバーのストレージのディスクは、通常、HDDが使用されています。

これに対して“SSDを採用したレンタルサーバー”が対極にあり、最近勢力を伸ばしてきています。

SSDとは、Solid State Driveの略称で、簡単に言ってしまえば、ディスクアクセス速度の高速化を実現しているレンタルサーバーという意味合いになります。

いまどきのWebサイトは、1社で100程度のサイトを同時に開設し運営していることも珍しくなくなりました。

とくに商用サイトでは「ディスクアクセスの高速化が、稼働率・売上アップのカギを握っている」と言われ、近年ではHDDからSSD採用のレンタルサーバーにシフトする人の数が増えてきました。

SSDのメリットはこのように、何といっても高速による使い勝手の向上と効率化のアップにありますが、“高速になったぶんだけディスク容量が少なくなる”という弱点も有しています。

大容量をとるか、それとも高速をとるかの2者択一が迫られるところです。

そのうえで、敢えておすすめを絞るとしたら「さくらVPS (VPS)」と「WebARENA(Suite PRO)」の2つのレンタルサーバーです。

さくらVPS (VPS)のおすすめポイントは、SSDディスクの容量がSSD 50~400GBと大きいこと。

4種類のプランがあり、ニーズにあったものが選べます。

WebARENA(Suite PRO(VPS)はSSDディスク容量がSSD 30GB と少なめですがNTTグループとしての安定感と“SSD対応”という点がおすすめポイントです。

SSDとHDDのそれぞれを使い分けできいます。

This entry was posted in SSD対応. Bookmark the permalink.